グリーンスムージーを作るためオスターのブレンダーを購入しました

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

遅まきながら、グリーンスムージーを毎日の朝食代わりに飲むことにしようと思って、「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」をAmazonで購入しました^^

>>>オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー

このところ、どうも体調がよくなくて調べていたら、どうやら女性ホルモンのバランスが崩れているらしく、更年期の初期症状またはプレ更年期の症状かもしれないと思い、市販の漢方薬を飲みだしたり・・・。
グルテン過敏症の疑いがあるため、なるべく小麦系は食べないようにしていたものの、ついつい連日パンを食べてしまったのでその症状が出てしまっているようだったんです。

そこで、以前から体質改善したいと思いつつも延ばし延ばしになってしまっていたのですが、さすがにこうも体調があまり良くないことが続くと、動かざるを得なくて・・(苦笑)

やはり体調がよくない日が続くと、色々と悪いことを考えてしまうことが多く(もしこれで私が死んだらどうしようとか・・・)、東洋医学の本を買って読んでみたり、女性ホルモンのことが書かれている本を読んだりして、本気で健康維持のために自分でできることをしようと思いました。

もちろん、ダイエットもしていこうと思っています^^;

と、話がそれてしまいましたが、そんなこんなで朝ごはんをグリーンスムージーに置き換えることにしたのですが、我が家には結婚当初に購入した古いミキサーが1台(しかもほとんど使ってない)と、クイジナートのハンドミキサーが1台あるのみ。

とてもなめらかで美味しいグリーンスムージーは作れそうにないため、グリーンスムージーが美味しく作れ、なおかつお値段も安めのものをいくつかピックアップして、最終的に「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」を購入しました。

私が「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」に決めた理由

「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」を購入した決め手は、やはりなんといっても消費電力が500Wだったことです。

実はブレンダーを購入しようと決めてから、近所の大手電機屋さんに出かけて行き、色々見てみました。
店内で色々見ていて、グリーンスムージーを作るのにいちばん人気があると言われているPanasonicのミキサーを購入しようかなと思っていたのです。

そしてふと、Amazonだといくらくらいするんだろう?と思い、スマホでチェックをしていたときに見つけたのが「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」でした。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

店頭で販売していたミキサーは、どれも消費電力が200~250W位だったのに対して、「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」は500W。
これは、もっとちゃんと調べないと!と思い、買わずに帰宅して早速調べてみました。

購入の決め手その1:消費電力が大きくてお値段も日本製と変わらなかったこと

色々調べてみると、グリーンスムージーを作るブレンダーでいちばん人気と言われているのがバイタミックスというブレンダーでしたが、お値段約9万円・・・・(汗)
いくらいいものでも、さすがにブレンダーに9万円もつぎ込めませんので即却下(笑)

そして、色々調べているとどうやらグリーンスムージーを作るブレンダーは、「Russell Hobbs (ラッセルホブス)パワーブレンダー」、「Vitantonio (ビタントニオ)ブレンダー」と、私が購入した「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」が人気があることがわかりました。

  • オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー
    価格:14,000円
    消費電力:500W
    口コミ評価:4.5
  • ビタントニオ ブレンダー
    価格:9,699円
    消費電力:450W
    口コミ評価:4.1
  • ラッセルホブス パワーブレンダー
    価格:15,780円
    消費電力:500W
    口コミ評価:3.7

比べてみると上のような感じです(Amazonのみ参照してます)。
ビタントニオ ブレンダーは、価格がいちばんお手頃で店頭で販売していた日本製よりも安かったのですが、消費電力が450Wということで、却下。

次に、ラッセルホブスのブレンダーは。500Wと希望の消費電力はクリアしましたが、価格がこの3つの中でいちばん高いこと、それとAmazonの口コミ評価がいちばん低かったこと&口コミしている人が少なかったことがあり、こちらも却下。

ということで、オスターのブレンダーが残りました^^

購入の決め手その2:部品が何十年と変わっていないから安心

それともうひとつ、購入する決め手になったのが、部品が壊れたとしても買い直ししやすかったことです。
オスターの部品は何十年と変わっていないようなんです。

1回購入すると20年は使えるというオスターのブレンダーですが、部品が壊れてしまったとしても買い直しができるというのがいいですよね!

びっくりしたのが、本当に全部のパーツがそれぞれ購入できること。
替え刃やパッキン、ガラスジャーなどはもちろんなんですが、なんと本体だけ(シルバーの部分)も購入できるんです(笑)

購入の決め手その3:お手入れが楽だから毎日続けられる

そして最後に、お手入れが楽そうだったから。
ミキサー類って使うのはいいんですが、後片付けがめんどくさいんですよね^^;
だからできれば、全部分解できるものがいいなと思っていました。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

その点、「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」は洗いたいところが全て分解できるんです!
上の写真は、ガラスジャーの底部分です。
ここに刃をつけてセットするんですが、こんな感じで分解可能なんです。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

こちらが部品たち。
パッキン、刃、ジャーリングパーツ(黒いパーツ)になります。
これらももちろん、消耗したときやなくしてしまってもそれぞれ購入することができます。

「オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー」は、日本では並行輸入かアメリカから直輸入するしか購入できませんが、部品もAmazonや楽天市場などで簡単に手に入りますので安心です^^

使い方もとっても簡単!

組み立て方というのでしょうか(笑)、刃をガラスジャーにつけるのもとっても簡単です。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

まずは、ガラスジャーを逆さまにして立てて、①のようにガラスジャーの底部分にパッキンをあてます。
パッキンをあてたら、次は②のように刃をセットします。
セットすると③のようになります。
刃をセットしたら、④のようにジャーリングパーツを取り付ければ完了です。

ね?簡単でしょ♪

刃をセットすると、こんな感じになります。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

刃をセットしたら、材料を入れていき、

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

本体にガラスジャーをセットすればOKです。
本体に差し込んで、ガラスジャーをカチッとなるまで横に回して固定すればあとはスイッチを入れるだけ。
使い方も本当に簡単で実にシンプルになっています^^

そして、こちらがブレンダーのフタになります。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

プラスチック製なのかと思ったけど、どうやらゴム製っぽい感じです。
そして、フタの真ん中にあるつまみ部分が取り外せます。
(もちろんこの部品も購入できます)

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

こんな感じで簡単につまみ部分を外せるので、途中で材料を追加で入れることもできるんです。
私の場合は、追加で入れることはまだないので使っていませんが、スイッチを切らずに材料を追加できるのはいいですよね^^

購入前にチェックをお忘れなく!コンセントがアメリカ仕様になっています

とっても使いやすく便利なオスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサーですが、購入する前に1つだけ注意があります。

それがコンセント

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

並行輸入品なので、コンセントの形が日本製のものと異なります
楽天市場などでは、ショップによって変換プラグをつけてくれるところもあるようですが、私が購入したところでは付いていませんでした(Amazon)。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

日本製の家電などは、上の写真の右側のものが左右どちらもついていますが、アメリカ製のは左側の写真のように片方が大きくなっているんです。

そこで、変換プラグがある楽天市場で購入しようかどうしようか考えたのですが、我が家のコンセントをみると、今までまったく気づかなかったのですが左のコンセントの穴が大きく、オスターのコンセントが使えるものでした。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

ちなみに、いつも使っている電源タップを見てみたのですが、こちらも左側が大きいタイプだったので使えました。
私も夫も今回の件で初めて家のコンセントの穴の大きさが左右違うことに気づきましたが^^;、左右大きさが違う場合は、変換プラグを使わずに使用することができますので、購入する前に1度コンセントの穴のタイプを確認したほうがいいと思います。

それと、コードがかなり短いですのでコンセントの近くで使う分にはいいのですが、置く場所とコンセントの場所が離れている場合(コードの長さは65センチです)は、延長コードが必須になります。
置く場所や使用する場所によっては延長コードが必要になると思いますので、そのあたりもチェックしておくといいと思います。

また、並行輸入品ですので故障しても保証がありません
そのあたりについても、チェックしておくといいと思います(初期不良に関しては、対応してくれるショップさんが多いです)

実際にグリーンスムージーを作ってみました

早速、グリーンスムージーを作ってみました。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

グリーンスムージー初心者なので、フルーツ多めに「オレンジ2個、ゴールデンキウイ皮ごと1個、バナナ1本、ほうれん草2株」を一口大くらいに切り、ガラスジャーに入れていきます。

ここで1つ注意なのは、水分が多いフルーツから順に入れていき、上に行くほど水分が少なめのものにします。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

ガラスジャーを上からみるとこんな感じです。

フルーツや野菜を入れたらフタをして本体にセットしていよいよスイッチオンです!

スイッチは、ON、OFF、パルスの3種類あります。
まずは、パルスで数回ほど撹拌したあと、スイッチをONにして30秒~1分ほど撹拌すれば出来上がりです!

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

出来上がりが上の写真です。
思っていた以上にまろやかに出来上がっています♪

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

ゴールデンキウイも皮ごと入れたのに、とてもなめらかなグリーンスムージーが出来上がりました♪
そして、何より美味しいです!

気になる音は?

気になるのが、動作中の音ですが・・・。
結構口コミをみると、音がうるさいとかかなり大きな音がするとか、爆音とか(笑)書かれていたので、音については覚悟して購入したのですが、実際にやってみると確かに音は大きいですが私が想像していた音よりも小さく感じました。

確かに消費電力も500Wと力があるので、今まで使っていた古いミキサーやハンドブレンダーよりも音は大きいのですが、爆音まではいかないかなと思います^^;
ただ、感じ方は人それぞれなので、購入する際は音は大きいと思って購入したほうがいいかもしれません^^

ちょこっと裏ワザ

これは推奨している使い方ではないのですが、調べていたら裏ワザを見つけました!
オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサーで、メイソンジャーが使えるらしいのです!
メイソンジャーを使う場合は、レギュラーマウスのみ使えるようです。

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

その他、ダイソーで売っているハンドルキーパーという商品も使えるみたいです。
(ただし、メイソンジャーも100均のものも、どちらも推奨されている使い方ではないため、使う場合は自己責任でお願いします)

私もメイソンジャーとたまたま以前購入していたハンドルキーパーのビンが手元にあるので、今度1回使ってみるつもりです^^

・・・と、かなり長くなってしまいましたが、思っていた以上にとても使いやすくハイパワーのブレンダーを購入できてよかったと思っています!
グリーンスムージーはもちろん、他にもスープなどの調理器具としても大活躍してくれそうなオスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー、ずっと使い続けられるように大事にしていきたいと思います^^

>>>Amazonでオスターのブレンダーを探す
>>>楽天市場でオスターのブレンダーを探す

スポンサーリンク

オスター オスタライザー サンビーム ブレンダー ミキサー 四角

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です