2015年の手帳は毎年恒例のEditとジブン手帳の2冊使いにすることにしました

2015年の手帳は毎年恒例のEditとジブン手帳の2冊使いにすることにしました

2015年の仕事用の手帳はEditにしようと思い、すでに10月初旬くらいには購入していたのですが、お友達の藍玉さんのブログでずーっと気になっていた「ジブン手帳」がどうしても気になって、購入しました!

現時点では、
●仕事用は「Edit」
●プライベートは「ジブン手帳」
にしようと思っていたのですが、実際にジブン手帳を使ってみて、

●プライベート&仕事のスケジュールやタスク管理は「ジブン手帳」
●仕事で毎日記録しているもの&メモは「Edit」
にしようかなと思い始めました。

Editの中身は、今年のものと変わりはないのでジブン手帳について簡単にですがご紹介しますね^^

ジブン手帳について

ジブン手帳については、私は藍玉さんのブログで初めて知ったのですが、愛用者の方も多く、ほぼ日手帳を使用している方がジブン手帳に乗り換えたり、ほぼ日手帳とジブン手帳を両方使ったりと、かなり人気が出てきている手帳のようです。

ジブン手帳ですが、

TVチャンピオン第二回文具通選手権の準優勝者でもあり、大手広告代理店のクリエーター佐久間英彰氏が、長年にわたって独自に開発したオリジナル手帳。「一年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、手帳に書かれるすべての情報を整理・整頓し直し、それぞれに適した置き場所を再設計。今までにない発想のライフログ手帳が実現しました。書きやすい。見やすい。だから探しやすい。ジブンのことを書くことで、ジブンをもっと発見できる。そんな楽しいジブン手帳。さぁ、ジブンのすべてを書き込んでみませんか?
ジブン手帳2015│コクヨS&Tより抜粋

と、「一生使える手帳」をコンセプトにしているだけあって、ライフログ手帳としてかなり充実していると思います。

ジブン手帳2015について

私が今回購入したジブン手帳がこちらです。
私は今回、初めての購入だったので「ジブン手帳ファーストキット」という、必要なものがすべてセットになっているものにしました。

ジブン手帳2015

カラーは、ホワイト、グレー、ブルーの3色があったので、ホワイトにしました♪
2014年版までは大きさが「スタンダード」1種類しかなかったようですが、2015年版からminiと言われる小さめサイズが発売になったようです^^

私はどちらにしようか悩んだのですが、バーチカルタイプですし書くことが多いかも・・・と思って、従来のスタンダートサイズを購入しました。

手帳の大きさについてですが、私が購入したのは「縦217センチ×横133センチ」。
縦幅は、A5サイズと同じくらいの大きさになっています。

ジブン手帳2015

ちなみに、EditはB6サイズのものを使っているので、ジブン手帳と大きさを比べてみました。
ジブン手帳は、A5サイズではありますが、横幅が短いのでA5サイズのものよりも大きい!という感じはあまりしません。
ただ、やっぱりEditと比べると、縦幅があるので大きく感じます^^;

ジブン手帳miniの大きさは、実際には見ていないので本当のところはわかりませんが、EditのB6サイズの縦幅はほとんど変わらず、横幅が若干ジブン手帳miniのほうが狭い感じです。

ジブン手帳は3冊DIARY、LIFE、IDEAの3冊で1つの手帳に

ジブン手帳は、一般的な手帳とはちょっと変わっていて、「DIARY」と呼ばれる1年間分のスケジュールなどが書けるノート、「LIFE」と呼ばれる自分に関することなどを書き留めておけるノート、「IDEA」と呼ばれる方眼紙のノートの3冊に分かれていて、この3冊をセットすることで1つの手帳になります。

ジブン手帳2015

それぞれのノートは、個別に購入することができるので、毎年DIARYだけ買い換えればLIFEとIDEAはそのまま継続して使うことができます。

ジブン手帳2015

カバーに3冊をセットすると、上の写真のように1冊の手帳になるんです♪
使う前はこれって使いやすいのかしら?と思っていたのですが、意外と3冊に分かれていたほうが使いやすいと思いました!

私はファーストセットを購入しましたので、DIARY、LIFE、IDEAノートの他、この3冊をセットするビニールカバーと、

ジブン手帳2015

上の写真の下敷き&定規がついていました。
下敷きにはゴムがついているのですが、これはジブン手帳が開かないようにEditみたいに手帳を留めることができるようになっています。

ジブン手帳2015

カバーの裏面にこの下敷きが入るポケットがあるので、そこに下敷きを入れると、上の写真のような感じで手帳を留めることができるんです^^

手帳の中身について

DAIARY、LIFE、IDEAの3冊の中身ですが、また後日詳しくご紹介しようと思いますので、簡単にですがそれぞれご紹介しますね^^

DIARYの中身

まずは、DIARYの中身はこちらです。

・週間バーチカル型スケジュール(毎月色変わり/24時間軸/土日も同じサイズ/ToDo/天気/月齢/日の出・日の入り/食事記入/1日の感想)
・ブロック型月間スケジュール(六曜・24節気入り)
・月間プロジェクト(見開き2か月分)
・4年分カレンダー
・年齢早見表
・年間スケジュール
・2015年の夢
・お金の計画
・1週間の計画
・お気に入りの言葉
・やりたいことリスト
・本リスト
・映画リスト
・貰い物リスト/贈り物リスト
・お値段リスト
・鉄道路線図(東京/大阪/京都/名古屋/札幌/仙台/横浜/神戸/福岡)
・時差世界地図
・個人データ

週間バーチカルは、24時間軸になっているのでこれが意外と使いやすいんです!

ジブン手帳2015

上のバーチカルは、見本としてDIARYの中にあるのですが、かなり考えられている作りになっていて、バーチカルが苦手な方も使いやすいと思いました。
私もバーチカルは、今まで何回かチャレンジしたのですがうまく使うことができずにいつも1ヶ月も持たずに挫折してしまっていたんですが、ジブン手帳のバーチカルは不思議と使いやすくて、これなら続けていけそうです♪

LIFEの中身

次は、LIFEの中身についてです。

・人生の夢
・座右の銘
・人生設計
・通年記念日
・日本&世界旅行地図
・ジブン年表
・家系図
・緊急連絡簿
・パスワードヒントリスト
・資産欄
・病歴
・お気に入りの写真

家系図などもあってちょっとビックリしましたが(笑)、LIFEをすべて書き込んだら、万が一私が今すぐに死んでしまっても重要なことなど家族がわからなくて困ることはなさそうな気がします。

面白いなと思ったのが、ジブン年表。
自分が生まれた年から99歳までの、自分の出来事、家族の出来事、世界の出来事を月単位で記入できるんです。
自分だけではなく、家族年表にもなるから、これからずっと続けて記入していきたいなと思います♪

IDEAの中身

IDEAの中身は、方眼ノートのみになっています。
メモ用ノートとしてや、日記としても使えるし、枠や決まりがないので自分の好きなように使えるようになっています。
ノート自体は、ページ数は少ないので1年間の間に何冊か買い足さないといけないかなという感じですが、IDEAノートを何冊か用意して、それぞれ用途を分けてもいいかもしれませんね♪

***

ジブン手帳、やっぱり購入してすごくよかったです!!
ちなみに、ジブン手帳の紙は、ほぼ日手帳と同じトモエリバーを使用しているそうです♪

まだ、ジブン手帳は試行錯誤な感じで毎日使っていますが(11月始まりです)、これがなかなか楽しんでます♪
ジブン手帳の使い方やカスタマイズなどもブログでご紹介してくださっている方もたくさんいらっしゃるので、皆さんの使い方を参考にしながら楽しく使っていけたらいいなと思っています♪

素敵なジブン手帳を教えてくださった藍玉さん、本当にありがとうございます♪
素敵な出会いに感謝です^^

>>>ジブン手帳をAmazonで探す
>>>ジブン手帳を楽天で探す

>>>EditをAmazonで探す
>>>Editを楽天で探す

●藍玉さんのブログはこちらです。
>>>藍玉スタイル
>>>ジブン手帳の使い方 | 藍玉スタイル

●藍玉さんがTwitterで「手帳ゆる友」という手帳友達の輪を作ってくださいました♪
私も参加させていただきています。
詳細はこちらからどうぞ。
>>>手帳ゆる友スタート♪手帳でゆるく繋がり合う友達を作りませんか? | 藍玉スタイル
>>>Twitter #手帳ゆる友

スポンサーリンク

ジブン手帳2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です